top of page

DXとは何でしょう?

DX学校のDXは、デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)です。Transformationは、Xと略すのは、音の連想からだそうです。


ちなみにこの記事は、ChatGPTの無料版を使いながら書いています(笑)


そこで、ChatGPTにDXの起こりから世界的な認知までを500文字で説明してとお願いしたところ・・・・



デジタルトランスフォーメーション(DX)の概念を最初に提唱したのは、スウェーデンのウメオ大学(Umeå University)のエリック・スタルダーマン(Erik Stolterman)とアンナ・グルーデン(Anna Groth)です。彼らは2004年に発表した論文「Information Technology and the Good Life」で、デジタル技術が企業や社会全体をどのように変革するかを論じました。この論文により、デジタル技術を活用してビジネスモデルやプロセスを根本的に変える概念が広まりました。


日本では、DXの概念は経済産業省が2018年に発表した「DX推進ガイドライン」によって広く認知されるようになりました。このガイドラインは、企業がデジタル技術を活用して競争力を高めるための具体的な指針を示しています。日本の企業は、このガイドラインを基に、自社のビジネスモデルの見直しや、業務プロセスの効率化、顧客体験の向上などを図る取り組みを進めています。また、少子高齢化や労働力不足という社会課題に対する解決策としてもDXが注目されています。


国際的には、DXはさまざまな業界で重要なテーマとして認識されています。例えば、アメリカの企業は早くからDXを取り入れ、デジタル技術を駆使して新しいビジネスモデルを構築しています。アマゾンやグーグルなどの企業は、DXを通じて市場のリーダーとなり、多大な影響を与えています。ヨーロッパでも、企業がDXを推進するために政府や産業団体が支援策を講じており、特に製造業や金融業での適用が進んでいます。


さらに、DXは新興市場でも注目されており、アジアやアフリカの企業がデジタル技術を活用して新しいビジネスチャンスを創出しています。これにより、グローバルな競争力を高めるとともに、地域経済の発展にも寄与しています。


総じて、DXはビジネス環境の変化に対応するための不可欠な戦略として、国内外で広く認知され、採用されています。日本でも国際的なトレンドに合わせてDXの推進が進んでおり、企業の競争力強化や社会課題解決に寄与しています。



とのことでした。


何だが、よくわかるような、わからないような。。。。

なので、福岡赤坂校では、DXをITを用いて、ビジネスモデル自体を変化させていくことだとご説明しております。


次回は、ITとDXに関して、ご説明しますね。では、また!

最新記事

すべて表示

ITとDX・・・

とびとびになっている更新ですね。。。 言い訳をすると、書いている途中から、こんなことはChatGPTで調べたら、ほぼ、わかるなーーーと、タイプが止まってしまうからです(笑) で、ChatGPTと会話しました(笑) IT化とDXの違い・・・・ IT化は業務の効率化と自動化を目的とし、システム導入やアプリケーション開発を通じて企業内部のプロセスを改善することです。一方、DXはビジネスモデルやプロセスを

DX学校福岡赤坂校を立ち上げた理由

DX学校福岡赤坂校の教室長松尾です。 「開けっ広げで人がいい」を人生の指針として、いつかは高倉健先輩のようになりたいと思いつつ、武田鉄矢さんのように生きています。松尾です。 文章がざっくばらんですみません。 オジサン構文を抑えたいのですが、どうしても”(笑)”をいれてしまいます(笑)。 さて、2024年3月1日に開校して、約1月半経ちました。 多くのお客様から、「なんでまたDX?そして、学校?」と

DX学校福岡赤坂校 開校

DX学校の福岡赤坂校を開校しました! 今後、このブログで最新情報やお役立ち情報を発信していきます! よろしくお願いいたします。 DX学校福岡赤坂校 松尾圭祐

Comments


bottom of page